韓国の情

韓国留学ばなし
韓国刺しゅう

韓国留学していた時の話です。

あらゆる場面で韓国の情を感じることがありました。同じアジアでも日本とはだいぶ違うなと思いました。
まず、親の子供に対する愛情がすごいです。

母から息子

語学学校に通っていたので、彼氏が韓国人という日本の女の子たちが結構いたのですが、口をそろえて言うのは、「彼氏のお母さんがしょっちゅう息子に電話をかけてくる。」
「3日に1回はかかってくる」「うちは毎日」「それは少ない、こちらは1日3回」など。たいがいはたいしたことのない要件だそうです。メインの話題は「ごはん食べたか?」です。日本なら息子が「もうやめてくれ」といやがりそうですが、韓国ではそれが普通なので本人はなんとも思っていなさそうということでした。すんなり受け入れます。娘に対してもきっと同じなんでしょう。

おばさんから他人の子

自分の子供だけではなくよその子供にも愛情を示します。
おばさんが知り合いの赤ちゃんや子供をだっこしてチューしたり、顔や頭を撫でまわしたり、スキンシップが激しい場面を何度か目撃しました。ドラマでもそういうシーン見たことある方いるんじゃないでしょうか?子供はみんなの宝物。めっちゃかわいがります。

義母から嫁

それと、結婚している人で義理の母が勝手に家にやってきて鍵を開けて中に入ってくるとぼやいる人もいました。(韓国のカギは通常数字入力式なので番号を知ってれば開けられます)郷に入っては郷に従えで、そいういもんだと気にしなければいいのでしょうが、まだそこまでは到達してなかったのでしょう。またはそのお姑さんが特別??

また母から息子

そういえば、たまたま見た韓国のバラエティ番組で韓国男子たちと外国人男子たちが議論するコーナーがあり、「母親が一人暮らしの息子の家に断りなしで入ってくる」ことに対して、韓国男子は全員「そんなん普通やん」と言っているのを見て「やっぱり」と思いました。おかずをたくさん持ってきて、洗濯や掃除をしてくれるそうです。
外国男子たちは全員「イヤだ」と言い、ぱっくりと意見が分かれていました。
司会の人がアフリカ男子に「じゃあ、もし家に帰ってお母さんが家の中にいたらどうする?」と聞くと「出て行ってくれと言います」と答えていて、それはそれでびっくりしました。アフリカの人ってそんなん気にしないと思ってました。先入観とは怖いものです。「連絡なしに来るのはあかんと思う」と言ってました。たまたまその人がそうなだけかもしれませんが。
そしてアフリカ男子のその意見に対して韓国男子たちは「それはないわー」とびっくりしていました。

大家さんから借主

また、ワンルームマンションを借りてる友人は時々自分がいない間に勝手に大家のおばさんが部屋に入って、郵便物を中に置いてくれたり、食べ物を置いてくれたりするのでありがたいけど戸惑うと言っていました。

知らないおばさんから私

情が厚いだけに、知らない人に対してもフレンドリーで、気軽に話しかけます。気さくです。
私が機内持ち込み用の小さめのスーツケースをゴロゴロと引きながら横断歩道を渡っていた時に「そのカバンどこで買ったん?」といきなり自転車に乗ったおばさんに質問されびっくりしました。あと、スーパーで買い物した後、ベンチがあったので座っていたら知らないおばさんが「トイレ行くから荷物見といて」と言い残し、おそらく貴重品が入っているバッグと、買い物した後のレジ袋を見知らぬ私に託して丸腰でトイレに入って行ってしまったのです。(丸腰の意味合ってるんでしょうか?手ぶらと言いたかった)
しばらくしてトイレから出てきたおばさんは「ありがとう」と言いながら荷物を抱えて去っていきました。

ここまでの話、よく考えたら全部おばさんの話じゃないですか。
さすがアジュンマ(韓国語でおばさん)、最強です。文化の違いはあるけど、本当に情が深くてなんて言うか通り越してちょっと面白い。フレンドリーすぎます。

お兄さんから私&また母から息子

あ、おばさんではない、お兄さんの話もあります。
留学中、同じクラスの日本人の子に教えてもらったおしゃれ美容院にときどきカットやカラーに行ってました。割と大きい美容室で従業員はいつも6、7人くらいかもっといたと思います。
ある時、カラー液をなじませる間に担当の美容師のお兄さんが「チヂミ食べる?」と言い、こちらの返事は聞かずにタッパーを持ってきて私の口にチヂミを一切れ押し込みました。
「あの子のお母さんが作ってん」と、少し離れたところにいる若いおしゃれ男子従業員を指さします。その子も気づいてこちらに向かって会釈をしてくれました。私はタオルを頭に巻いたまま口をモグモグさせてその子に向かって「マシッソヨー」と言いました。
おしゃれ美容室なのにお母さんが作ったチヂミを職場に持ってきてみんなで食べる。お客さんにもあげるってもうそんなん面白すぎる。「あんたこれぎょうさん作ったから持っていき」ってお母さんに言われたんだろうなあ。やっぱり結局、フレンドリーな話はアジュンマから始まってる。

心温まるエピソードの数々でした。では今日はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました