簿記検定3級 現金・預金3 (預金)

簿記3級挑戦ばなし

前回の現金過不足の話はシンプルでしたが、今回の預金の話は講座資料を見る限り、内容が多そうです。
気合を入れてオンライン講座を見ていきます。

・普通預金
・当座預金
・定期預金
の3種類の説明が続きます。

3種類の預金

   (普通預金)
普通預金の開設、現金を引き出した時、電気代が口座から引き落とされた時の仕訳の例題をやっていきます。
勘定科目は現金と普通預金。どちらも資産であり、増えたら借方、減ったら貸方に記入。これはわかります。
水道代と電気代とガス代はひっくるめて「水道光熱費」という勘定科目になり、費用の発生になるので借方に記入します。

次に売掛金(商品を売った際にツケにしてあげていたもの)が、取引先からこちらの口座に振り込まれた場合の例題。
勘定科目の「普通預金○○銀行」(資産にあたる)が増えたので借方に記入。貸方には「売掛金」です。
「売掛金」は後でお金を回収できる権利なので資産と考えます。持っていた権利(資産)が減少するので貸方になるのですね。少しややこしいです。

A銀行のお金をB銀行に振り込みで移動して、振込手数料400円が引き落とされたとき。
借方の勘定科目は金額が増えた方の「普通預金B銀行」。資産が増えています。それと借方にもうひとつ、支払手数料400円も記入。ここで先生はこの400円を純資産の減少にあたるとおっしゃっていましたが、費用の発生っぽいのに純資産の減少になるのかと思いました。とりあえず借方に書くことは間違いありません。
「普通預金A銀行」は減ってるので貸方になります。これで借方と貸方の金額はイコールです。

   (定期預金)
次に定期預金の例題です。定期預金に預けていて利息が入金された時。
利息の金額の仕訳です。借方には「定期預金」、貸方には「受取利息」。受取利息は収益の発生と考えます。

次の例題は定期預金に預けていた現金を引き出して普通預金口座に入れる時の仕訳。
定期預金なのでもともとの金額+利息が増えた状態です。
借方には「普通預金○○銀行」→普通預金という資産が増えたから。
貸方には「定期預金××銀行」→定期預金という資産が減っているから。そしてもうひとつ
貸方に「受取利息」→収益が発生しているから。
これで借方と貸方の金額は一致します。

   (当座預金)
さあ、ここからは当座預金に入って行きます。
前々回の「簿記上の現金」のところで、当座預金は小切手を扱うための口座で、小切手を振り出した時点ですぐにでも引き落とされるかもしれないので振り出したタイミングでもう現金をやりとりしたような処理をしておくと習いました。

ここで新しい言葉が出てきました。「自己振出小切手」。
自分の会社が振り出した小切手が、銀行に持ち込まれずにまわりまわってまた自分の会社で受け取った時の小切手のことだそうです。
その場合はいったん減らしていた当座預金を増やし戻すという処理になり、当座預金の借方に記入。

支払拒絶・不渡小切手・当座借越

小切手を振り出したものの、口座にお金がなく換金できない場合のことを「支払拒絶」といい、換金できない小切手を「不渡小切手」と言う。
不渡りは聞いたことがある言葉です。不渡りを出してしまうととても信用を失うことになるので、当座預金口座を開設する時に「当座借越契約」というものを結んでおけば、口座にお金がなくなっても一定額までは銀行が立て替えてくれるそうです。
立て替えてくれた金額のことを「当座借越」といい、銀行に借金をしている状態になるので、その後口座に預け入れがあれば最優先で自動的に返済に当てられるとのこと。
ありがたいシステムです。口座にお金がなくても支払いができてしまうクレジットカードとちょっと似てますね。

口座はマイナスになっててるけどセーフ

例題で出てきたのですが、口座にある金額よりも小切手の金額の方が大きい場合、本来ならマイナスになっているのですが、マイナスの事実の記載は仕訳には関係ないようです。
普通に借方/貸方は仕入/当座預金になり、金額をそのまま記入です。口座がマイナスになっているとはここではわかりません。

期末に口座マイナスの場合

ただ、期末の時点で当座借越がのこっている場合の仕訳は借方/貸方→当座預金/当座借越(または借入金)としておいて、翌日の期首の日付では全く逆の当座借越/当座預金という風に戻しておく。
決算整理として資産のマイナス分を負債という形で増やしておき、期首には当座預金をまたマイナスの状態に戻す。ふーん。なるほど。

当座預金出納帳

そして最後に「当座預金出納帳」というものが出てきました。必ず作らないといけないわけではなく、当座預金の取引を記録する補助簿です。
前回習った「現金出納帳」は収入・支出でしたが、当座預金なので預入・引出という項目になります。これもおこづかい帳のように入ったものと出たものと残高を書くだけですが、当座預金はマイナスになる場合があるため、借/貸を書く欄があり、残高がプラスかマイナスかがわかるようになっています。
借方の時は資産がある状態。貸方は負債がある状態。

今日の講義を見終えての感想

今日の講義はたくさんたくさん学ぶことがありました。
継続して勉強するのが苦痛ですが、少しだけ慣れてきました。オンライン講座の先生とブログのおかげだと思います。
早く理解して、試験に臨めるようにしたいです。まだまだ先は長いですけど。
では今日はこのへんで。

※こちらの記事は簿記に対する私個人の見解と解釈です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました