簿記検定3級 現金・預金1(簿記上の現金)

簿記3級挑戦ばなし

今日から第二章

いよいよ第一章の「簿記とは」を終えました。問題集をやってみたところ、間違いもありましたが、だいたいは理解できていると感じました。今回から第二章の「現金・預金」に入っていきます。
オンライン講座を見ていきます。
簿記の上では紙幣や硬貨のような通貨だけではなく通貨と同じ価値があるもの(通貨代用証券)もまとめて現金と扱うとのことです。
現金で処理されるものとして、他人振出小切手・送金小切手・郵便為替証書・振替貯金払出証書・配当金領収書・期限の到来した公社債利札などが該当する。
全部初めて聞くものばかり。

当座預金

次に当座預金の説明です。名前は知ってます。でもはっきり知りませんでした。
小切手や手形を使うためには当座預金口座の開設が必要で、商売で使う預金口座だそうです。
小切手、手形はとても便利なもので、それを使うことができるということで無利息になってしまうそうです。
確かに大きい金額のものをやりとりする時に現金を持っていくわけにはいきません。小切手って使ったことないけど当座預金とセットだったんですね。

小切手を振り出す。小切手を呈示。

A社がB社の商品を購入して、代わりに小切手を渡すことを「小切手を振り出す」と言う。
B社が銀行にその小切手を持ち込むことを「呈示」と言い、A社の当座預金の口座からその金額を受け取ることができる。
なるほど。
A社とB社の当座預金の口座を持っている取引銀行が違う場合は「手形交換所」を介してやり取りができるらしい。へえ~。

ここで例題に入って行きます。
先生が重要ポイントを教えてくれます。

例題

小切手は振り出した時点で仕訳の時は現金扱いで行い、実際に換金した時に再度仕訳する必要なない!!
ただ、小切手をもらった場合は仕訳は「現金」と書くが、渡した場合は「当座預金」と書く。(ちょっとややこしいかな。)
受け取った方はいつでも換金できるけど、渡した方は相手がいつ換金するかわからないので引き落とされるまでは当座預金に入っているからかな。

そしてびっくりしたことが、A社にもらった小切手をB社がC社への支払いに使ってもいいということ。横流しみたいだけど、現金と同じ扱いということでそれもありなんですね。

郵便為替証書

ゆうちょ銀行はまた違うものがあるとのことです。
「郵便為替証書」
これはまず郵便局にお金を払って証書を発行してもらい、それを相手側に渡して、受け取った側は郵便局で換金できるというもの。ちょっと違うけどトラベラーズチェックを思い出しました。トラベラーズチェックはクーポンみたいなものを日本円で購入し、海外で現地のお金の変わりに使えるというもの。いや、やっぱりだいぶ違うかな。現金で紙を買うというところは似ています。

で、ゆうちょの郵便為替証書に対して、ゆうちょ銀行以外の銀行で同じシステムで使うものが「送金小切手」と言うそうです。

現金出納帳

そして最後に「現金出納帳」の説明。すいとうちょうと読みます。読み方は知っていましたが何に使うものかは知りませんでした。現金取引の記録するための補助簿だそうです。
日付と収入または支出、残高を記録するものでおこづかい帳みたいです。
おこづかい帳と違うのは毎月初めに収入の欄に前月繰越を、最後に支出の欄に次月繰越を書くということです。
現金が入ってきたことと出ていったこと、残高さえ書けばいいのでこれは簡単です。

やっと第二章に入りましたがまだまだ先は長いです。気を緩めないで継続できるように頑張ります。
では今日はこのへんで。

※こちらの記事は簿記に対する私個人の見解と解釈です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました