簿記検定3級 貸倒引当金2  (貸倒引当金の設定後)

簿記3級挑戦ばなし

前回、お金として回収できる予定だった債権が回収不能になってしまうことを貸倒れといい、
さらに貸倒れる金額をあらかじめ見積もっておくという不思議な考え方があり、
それが貸倒引当金という資金のマイナスを意味する勘定であると勉強しました。

オンライン講座を見ていきます。

貸倒れ3パターン

前期以前に発生した売掛金が貸倒れて決算日を迎えました。3パターンについて例題に出てきました
①貸倒れる予定の金額つまり貸倒引当金よりも実際の貸倒れ額が少なかった場合。
②ちょうどの金額だった場合(そんなんある?)。
③思ってた以上に貸倒れた場合。

①②は貸倒れ額が見積もっていた範囲内だったので、貸倒引当金を残高を取り崩すだけです。(これを貸倒引当金の充当というそうです)

     (借方)  貸倒引当金 / (貸方) 受取手形 

(借方)用意していた貸倒引当金は役目を終えます。/(貸方)本来ならばお金に変えれるはずだった資産(受取手形)が減少します。

③は、予想以上に貸倒れています。

     (借方)  貸倒引当金 /  (貸方)  受取手形
            貸倒損失

(借方)貸倒引当金は使い切り、さらに足りない分は貸倒損失で補います。貸倒損失という費用の発生です。

貸倒れた金額の決算日に行う処理でした。

差額補充法

では次の例題は、決算日に翌期の貸倒引当金の金額を決めて、現在残っている貸倒引当金をもとに設定金額に合わせていくという処理の方法です。

3級の試験では「差額補充法」しか出ないとのこと。(というわけで洗替法は割愛します)
ここでも3パターンあります。

①決算日の時点で、貸倒引当金の残高がゼロ
②貸倒引当金の残高が翌期の見積金額よりは少ない
③           〃       多く残っている

①②の場合は足りない分の補充が必要になります。(補充法ですから!)
(借方) 貸倒引当金繰入 / (貸方) 貸倒引当金

(借方)貸倒引当金繰入という費用の発生/(貸方)貸倒引当金という資産のマイナスを意味する勘定を設定金額まで補充。
この貸方の方がややこしい。普通に資産が増える時は借方ですが、今の場合はマイナス要素のある資産を増やしたいので借方ではなく貸方になるってことです。あってるかな?

③は残高が多く残っていて、設定金額にするためには取り崩す必要があります。
(借方) 貸倒引当金 /(貸方) 貸倒引当金戻入

(借方)もともと残ってた貸倒引当金を減らします。これも先ほどと同じくちょっとややこしい。
マイナス資産である貸倒引当金を減らすことになるので、マイナス×マイナスで借方にくるというわけです。よね?
(貸方)貸倒引当金戻入という勘定は収益になるとのこと。
心配して多めに見積もってたけど、決算日になってみたら余分に残っててラッキーだったね。収益発生!ラッキー!みたいな感じだそうです。

オンライン講座を見終えて

ここで今日のオンライン講座は終わりました。
問題集をやるのが怖くてずっと避けている今日このごろです。ものすごく元気がある日にやってみようと思います。
今のペースでいけば11月には間に合うはずです。なんとかなるでしょう。
というわけで今日はこのへんで。

※こちらの記事は簿記に対する私個人の見解と解釈です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました