簿記検定3級 簿記とは4(帳簿記入の基本法則)

簿記3級挑戦ばなし

簿記上での取引とは

今日もオンライン講座を見ていきます。すでに先生のファンになっています。かわいいです。

簿記とは取引(資産・負債・純資産・収益・費用に変化を及ぼすもの)をもとに貸借対照表と損益計算書を作るまでの手続きのこと。

簿記上の「取引」というのは日常生活で使う「取引」とは少し異なる部分がある。
火災・盗難で損失が出た場合も「取引」になり、商品を注文したり契約が成立していても、お金や物が動く前は「取引」ではないので帳簿には記入しない。
なるほど。

「取引」には「何が/いくら/増えたor減った」という要素がある。
「何が」を簿記では「勘定」と言うらしい。なんか言葉がピンときません。勘定って計算のことと思ってましたが、資産・負債・純資産・収益・費用の中のさらに具体的な項目のことだそうです。現金・車両運搬具・借入金・支払家賃などのこと。
おこづかい帳で言うと内訳とか内容とかにあたるものでしょうか。

とても大事なT字(勘定口座)

勘定に付けられた名称は「勘定科目」、勘定ごとに増減を記録するための場所は「勘定口座」、勘定口座に記録することを「勘定記入」なんのことかよくわかりません。感情移入だったら知ってるんですけど。早く例題をしたい。覚えられません。勘定口座はT字型フォーム。。。??
ここまでで先生が励ましてくれます。このT字型の勘定口座はとても大切とのこと。先生がそう言うなら頑張ります。

勘定口座の書き方の説明が続きます。Tのよこ棒の上の部分にさっきの「勘定科目」を記入して、Tのたて棒部分の左右には相合い傘みたいに日付と金額を記入していくようです。

T字相合い傘の法則

ここで、勘定記入には重要な法則があるとのこと。
「資産・費用」は貸借対照表または損益計算書では左側になります。その2つはT字相合い傘の左側には増えたもの、右側には減ったものを記入。
「負債・純資産・収益」は貸借対照表または損益計算書では右側になります。その3つはT字相合い傘の右側に増えたもの、左側には減ったものを記入。

例題をやってみる

ここで例題に入っていきます。ヤッター。やっぱり問題やりながらの方が頭に入りやすいです。

取引を行った全ての「勘定科目」に対してTの相合い傘(勘定口座)を作る。という例題です。
例題では、5つの取引があり、6つの勘定勘定科目「現金・車両運搬具・借入金・資本金・支払家賃・受取り手数料」がありました。
まずTのよこ棒の上の部分(相合い傘でいうと傘の上の部分です)に現金と記入。全部で相合い傘は6つになります。それぞれの傘の上に勘定科目を書きます。

資産と費用に該当する「現金・車両運搬具・支払家賃」はさきほどの法則でいうと増えた時には相合い傘の持ち手の左側に記入、減った時は持ち手の右側に記入。

負債・純資産・収益に該当する「借入金・資本金・受取手数料」は増えたら持ち手の右、減ったら左に記入。

例題の中の家賃を支払った部分。お金を払ったのだからマイナスになるけど右側に記入ではなく、「支払家賃が発生した」と考えて左に記入するというのが今回のややこしポイントでした。「発生」は「プラス」と考えなければいけないようです。だから「家賃支払」じゃなくて「支払家賃」なのかな。

それと、勘定口座と総勘定元帳の違いというか、名前の区別の仕方がはっきりしないのですが、たぶん総勘定元帳という帳簿の中に勘定口座が何個か書かれているということかな。同じような意味合いで使われている気がします。総勘定元帳に記入する=T字フォーム(勘定口座)に記入するという感じで。

今日の感想

フー。これはもう問題やって慣れていくしかありません。
ブログのおかげで自分の復習&整理&モチベーション維持になります。
最後まで読んでいただいた方、ありがとうございます。もし簿記を勉強中の方がいたら一緒に頑張っていきましょう。
では今日はこのへんで。

※こちらの記事は簿記に対する私個人の見解と解釈です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました