簿記検定3級 その他の債権・債務・費用1 

簿記3級挑戦ばなし

簿記の勉強していくにつれて、似ている言葉がどんどん出てきてこんがらがっている状態です。
なかなか吸収できないですが、めげずにクレアールさんのオンライン講座、今日も見ていきます。

今日の単元はその他の債権・債務・費用です。

前払金と前受金

・前払金と前受金

商品の受け渡しをするより前にお金の受け渡しが行われた時、前払金と前受金と呼ぶそうです。
例題では、商品仕入れの契約後、代金の一部を手付金として現金で渡しました。仕入れた会社の仕訳は
(借方) 前払金 /(貸方) 現金 →前払金という資産になるとのこと。
前払金が資産になるのが少し不思議です。
「前払金」チケットを現金で購入し、後からこのチケットを使いつつ、残りの代金もまとめて払うよ。という感じでしょうか。
この時、商品を売った方の会社の仕訳は
(借方) 現金 /(貸方) 前受金→前受金は負債と考えるようです。
これも不思議。「前受金」をもらってしまったので、後で商品を渡さなければいけない義務が生じたと考えるようです。

そして、商品の仕入れがその後行われて、代金は支払い済の手付金を充当し、残りは掛けになりました。
商品買った方の会社は
(借方) 仕入 /(貸方) 前払金
                買掛金
仕入は費用。前払金は資産の減少(受け取れる権利がここで終了)。買掛金は負債。
商品売った方は
(借方) 前受金 /(貸方) 売上
     売掛金
前受金は負債の減少(商品を渡す義務から解放)。売掛金は資産。売上は収益。

貸付金と借入金

・貸付金と借入金

金銭の貸し借りを行った場合、
貸した側は貸付金(後日返済を請求できる権利)という資産、借りた側は借入金(後日返済しなければいけない義務)という負債の勘定を計上する。

銀行でもないのに会社が会社にお金を借りることはあるのでしょうか?とりあえず例題にはA社がB社にお金を借りています。利率は年3%。1年間借りました。
貸した側:(借方) 貸付金 /(貸方) 現金 
借りた側:(借方) 現金 /(貸方) 借入金  

1年後に利息も一緒に小切手で支払いが行われました。
貸した側:(借方) 現金 /(貸方)貸付金
                 受取利息 
ここでの現金は小切手を意味します。貸付金という資産が消滅し、受取利息という収益が発生。
借りた側:(借方) 借入金 /(貸方) 当座預金
          支払利息
借入金という負債が減少、当座預金は小切手、支払利息は費用です。

次の例題は先ほどと似ていますが、利息を差し引いた額を現金で渡します。
最初に利息を払い済にしているところがポイントです。
3,000,000円貸し借りがあり、利息は60,000円です。
貸した側:(借方) 貸付金 3,000,000 /(貸方) 現金 2,940,000
        受取利息 60,000
借方は貸付金という資産(後でもらえる権利)が増えています。貸方は現金という資産の減少、受取利息は収益の発生。
受取利息をこの時点で受け取ったことにするので、実際動いたお金は現金2,940,000円。でも後で3,000,000円返してもらえます。
借りた側:(借方)  現金  / (貸方) 借入金
           支払利息
借方は現金(資産)が増えて、支払利息(費用)が発生。貸方は借入金(負債)。
その後、小切手で返済が行われました。
貸した側:(借方) 現金 /(貸方) 貸付金→現金は小切手。貸付金という資産(権利)が消滅。
借りた側:(借方) 借入金/(貸方) 当座預金

その次の例題では利息を日割り計算するものでした。600,000円借りて利率2.5%で貸付期間は73日なので
600,000×2.5%×73/365=3,000が利息になります。

また次の例題は、なんと会社が役員にお金を借りる、または貸すというパターンです。
仕訳のやりかたそのものは他と同じですが、勘定を「役員貸付金」「役員借入金」にするだけのようです。

会社って銀行だけでなく、他の会社や役員にお金借りたり貸したりするんですねえ。
貸付金と借入金はここまでで終わり。

手形貸付金と手形借入金

・手形貸付金と手形借入金

先ほどのタイトルに似てますが前に「手形」がついています。
たしか約束手形というものは、すぐに現金には換えられなくて、期日が決まっていて、その日になれば換金可能というシステムのものでした。
貸付金・借入金の借用証書の代わりに約束手形を振り出す場合があり、その時に使う勘定とのこと。

例題を見ると、先ほどやった仕訳とそっくりですが、ただ、勘定の「貸付金・借入金」の部分が「手形貸付金・手形借入金」に代わっているだけです。どっちにしてもほぼ同じような扱いと考えてよいのでしょう。。。おそらく。
借りてますよ、貸してますよという証拠としての証書の形が違うだけですもんね。

未収入金と未払金

・未収入金と未払金

これは売掛金、買掛金、貸付金、借入金などとは違って、本業以外の取引によって金銭の債権・債務が生じた時の処理。
例題では土地を売却して代金後日受け取ることになったときの仕訳は
(借方) 未収入金 /(貸方) 土地→未収入金という資産(権利)/土地は資産

その後現金で受け取りました。仕訳は
(借方) 現金 /(貸方) 未収入金→現金を受け取り、未収入金という資産(権利)は消滅。

備品を購入して代金を後日払いにした時は
(借方) 備品 /(貸方) 未払金 →備品は費用、未払金は負債。
その後、現金で支払いがされました。
(借方) 未払金 /(貸方) 現金 → 未払金という負債はここで消滅。現金という資産が減りました。

オンライン講座を見終わっての感想

今日の講義はここでおわり。
仕訳のやり方がメインで、全部似ているので、ある意味シンプルだから慣れてしまえば簡単に思えるような気もしてきました。
はやくコツをつかめるようになりたいなと思います。
では今日はこのへんで。

※こちらの記事は簿記に対する私個人の見解と解釈です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました