簿記検定3級  訂正仕訳・消耗品

簿記3級挑戦ばなし

今回のオンライン講座の講義資料をちらっと見る限りでは、内容は少なく、すぐに終わってしまいそうです。
では今日もオンライン講座を見ていきます。

ミスった時の訂正

過去に間違った仕訳をしてしまった時の訂正の仕訳についてです。
パソコンにしても紙にしても、いったん間違ってしまったら、その部分の入力を変えたり書き直したりするのではなくて、間違ったところはそのままにして、新たに仕訳をし直すようです。

手順としては、①間違った仕訳の反対仕訳をする→これでいったん仕訳前の状態になる。
②正しい仕訳をする

訂正仕訳の例題

例題をやっていきます。
商品を掛けで販売。金額が¥50,000のところを¥5,000にしていた。
誤: (借) 売掛金 5,000 /(貸) 売上 5,000
これの反対仕訳をします。
① (借) 売上 5,000 /(貸) 売掛金 5,000 
そして、正しい仕訳をします。
② (借) 売掛金 50,000 /(貸) 売上 50,000

①と②を合算、相殺すると
(借) 売掛金 45,000 /(貸) 売上 45,000
慣れてくると、いきなりこの合算、相殺した仕訳ができるようになるとのことです。
そして、試験ではこの相殺した状態の仕訳で解答するほうがよさそうな感じ。でも①と②で書いてもいいみたい。
はっきりと決まってるわけではないんでしょう。

さて、次の問題は
給料を現金で払った仕訳が貸借を逆に仕訳した。
誤: 現金 170,000/(貸) 給料 170,000
反対仕訳① (借) 給料 170,000 /(貸) 現金 170,000
正しい仕訳② (借) 給料 170,000 /(貸) 現金 170,000
合算、相殺 ①+② (借) 給料 340,000 / (貸) 現金 340,000

支払家賃を現金払い。借方を間違って支払手数料勘定で処理。
誤:(借) 支払手数料 /(貸) 現金
① (借) 現金 /(貸) 支払手数料
② (借) 支払家賃 /(貸) 現金
①+② (借) 支払家賃 /(貸) 支払手数料→現金の部分は相殺され消えます。

商品¥60,000を掛けで販売。間違って借方を買掛金にし、金額も\600,000としていた。
勘定科目と金額のダブル間違いです。
誤:(借) 買掛金 600,000 /(貸) 売上 600,000
① (借) 売上 600,000 /(貸) 買掛金 600,000 
② (借) 売掛金 60,000 /(貸) 売上 60,000
①+②  (借) 売上 540,000 & 売掛金 60,000 /(貸) 買掛金 600,000

①+②をしていくときにトランプの神経衰弱を思い出しました。同じものは消していく。
ここで、訂正仕訳は終わり。次は「消耗品費」です。

消耗品費

備品と間違いそうになるけど、消耗品は短期的に消費するもの。すぐになくなるもの。
消耗品を購入した時の仕訳は「消耗品費」という費用で処理するということです。

100円のボールペン100本を月末払いで購入。
(借) 消耗品費 10,000 / (貸) 未払金 10,000
これは簡単です。

印刷用紙を現金で購入。
(借) 消耗品費 /(貸) 現金

消耗品費はさらっと終わって、今日はここでおしまいです。
お疲れさまでした。では今日はこのへんで。

※こちらの記事は簿記に対する私個人の見解と解釈です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました