簿記検定3級  有形固定資産3  (有形固定資産の売却)

簿記3級挑戦ばなし

前回勉強したのは有形固定資産は時とともに価値が減っていってその分、資産としての価値を決算日に減らすというものでした。
今日は売却です。オンライン講座見ていきます。

土地の価値は上がることもアリ

3級で出てくる有形固定資産は土地、建物、備品、車両運搬具くらいだそうですが、その中でも土地だけは必ずしも価値が下がるとは限らないようです。
なので、減価償却累計額は関係なしのようです。

補足例題として、土地を売却する時に価値が減った場合、変わらなかった場合、増えた場合の3パターンが出てきました。
¥1,000,000で買った土地を①950,000 ②1,000,000 ③1,100,000円で売却。代金は後日受け取ります。

注意するポイント。商品売買の後日払いは売掛金になりますが、ここでは商品ではないので「未収金」です。(その他の債権・債務・費用1)でも出てきました。

では仕訳は
① (借方) 未収入金 950,000 と 固定資産売却損 50,000 /(貸方) 土地 1,000,000 
固定資産売却損という費用の発生。土地という資産の消滅。土地の価格が下がり損になりました。

②(借方) 未収入金 1,000,000 /(貸方) 土地 1,000,000
会計上は特にも損にもなってません。

③(借方) 未収入金 1,100,000 / (貸方) 土地 1,000,000 と 固定資産売却益 100,000
固定資産売却益という収益が発生。価値が上がって得になりました。

備品の売却

次の例題は備品です。
取得原価が\2,500,000、備品減価償却累計額が\1,900,000で①580,000②600,000③650,000で期首に売却。

代金は現金受取。
2,500,000-1,900,000=600,000で現在の備品の価値は600,000です。
さっきの例題と似ています。「減価償却累計額」がプラスされただけですね。
①(借方) 備品減価償却累計額 1,900,000 と現金 580,000 と 固定資産売却損 20,000 /(貸方) 備品 2,500,000
20,000円損になりました。
②(借方) 備品減価償却累計額 1,900,000 と現金 600,000 /(貸方) 備品 2,500,000
帳簿価額通りの値段で売ったので、損も得も無し。
③(借方) 備品減価償却累計額 1,900,000 と現金 650,000/(貸方) 備品 2,500,000 と 固定資産売却益 50,000
50,000円の得になりました。

ここまでの例題は期首に売却でしたが、次の例題は期中に売却なので減価償却累計額を月割計算するというものでした。
購入してから今の時点までの減価償却累計額を計算し、今の価値よりも売却した値段が低ければ「固定資産売却損」という費用が発生し、借方に記入。高ければ「固定資産売却益」という収益が発生し、貸方に記入。

今日のオンライン講座は40分超えで少し長めでしたが、理解度としてはまずまずです。
ちょっと簿記の考え方に慣れてきたのかなと思う今日この頃です。
では今日はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました