簿記検定3級  収益の未収

簿記3級挑戦ばなし

4つのうちの1つ目

前回は収益・費用の未収・前受・未払・前払の基本でした。
今回はそのうちの「収益の未収」です。4つある項目の一つ目です。

ではオンライン講座見ていきます。

当期の収益として計上

当期で発生した収益は未収であっても当期に計上しておくそうです。
翌期に受け取れることを見越して当期分の収益にしておくことを「収益の見越し」と言うけど、テストには見越しという言葉は出ないとのことです。

未収収益に属する勘定の未収手数料、未収家賃、未収利息などは「資産」になります。
決算時に、当期に受け取るはずの収益をいったん資産に振り替えて、期首には期首再振替(決算整理の反対仕訳)をして、またもとに戻します

決算時   (借) 資産 / (貸) 収益 
4/1     (借) 収益 /(貸) 資産

4/1に期首再振替をすると、収益がマイナスの状態スタートなの?と思うけど、未収だったものが支払われた時にプラスマイナスゼロになるように、初めにマイナスにしておくのです。

月割計算

その後の例題で受取利息を月割計算にするものがありました。
12/1から貸し付けているので3/31の決算時には4か月分になります。

現金¥500,000 貸し付けて、利率が年6%、貸付期間1年

貸した時点での仕訳は

(借) 貸付金 500,000 /(貸) 現金 500,000

4か月分の利息は500,000×6%×4/12=10,000

決算時の仕訳は

(借) 未収利息 10,000 /(貸) 受取利息 10,000

未収利息という資産の増加と受取利息という収益の減少です。
まだ収益としては受け取ってないので、資産に振り替えておくということですね。

次の日の4/1には期首再振替をします。

(借) 受取利息 10,000 /(貸) 未収利息 10,000

ここで、間違ってはいけないのは貸し付けてから1年後に貸し付けたお金を返してもらうとき。
この時は1年分の利息(500,000×6%=30,000)を受け取ります。

(借) 現金 500,000 /(貸) 貸付金 500,000 & 受取利息 30,000

決算の時に4か月分だけ計算してしまってるので、残り8か月分と勘違いしないようにしなければ。

ということで、今日はこのへんで。

※こちらの記事は簿記に対する私個人の見解と解釈です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました