簿記検定3級  剰余金の配当

簿記3級挑戦ばなし

配当。会社が商売で利益が出た時に株主の人がもらえる権利。なんとなく知っています。
今日もオンライン講座見ていきます。

資産や資本や資本金

株主に配当を渡すとき、「費用」ではなく、「純資産」を減らすという考え方だそうです。

純資産=資産-負債というのはだいぶ前に習いました。

純資産=資本

資という文字があちこち出てくるのでややこしいです。そして、今まで資本と資本金がごっちゃになってたことが判明しました。

純資産(資本)=資本金+利益準備金+繰越利益剰余金

資本金:株主からの出資金
利益準備金:今後の商売で使うために配当せずに積み立てておく分
繰越利益剰余金:配当はここから取り崩す

例題

では例題です。

繰越利益剰余金を用い、株主配当を¥400,000とした。仕訳は

(借) 繰越利益剰余金 400,000 /(貸) 未払配当金 400,000 になります。

繰越利益剰余金という純資産を減らして、未払配当金という負債の増加です。
ちなみにまだ払っていないので未払となってます。

上の配当金を小切手を振り出して支払った。仕訳は

(借) 未払配当金 400,000 /(貸) 当座預金 400,000

未払いだった配当金(負債)を取崩して、当座預金という資産が減ります。

次の例題は、利益準備金が出てきました。

繰越利益剰余金を用いて、株主配当金を\600,000 、利益準備金を\60,000積み立てた。仕訳は

(借) 繰越利益剰余金 660,000 /(貸) 未払配当金 600,000 & 利益準備金 60,000

になります。そして、株主配当金を小切手振出で支払った。

(借) 未払配当金 /(貸) 当座預金 

以上で終了でした。

講義の時間も短かったので、すんなりと理解できました。この調子で後の単元もサクサク進めていきたいと思っています。
では今日はこのへんで。

※こちらの記事は簿記に対する私個人の見解と解釈です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました