簿記検定3級   費用の未払

簿記3級挑戦ばなし

4つのうちの3つ目

4回シリーズの3回目です。
前々回と前回は収益の話でした。(収益の未収・収益の前受)
今回から2階続けて費用の話です。今日は費用の未払。
ではオンライン講座を見ていきます。

収益の時には、「収益の見越」「収益の繰延」がありました。
費用のところにも同じものが出てきました。「費用の見越」

未払費用は負債で計上

費用の見越とは、
当期中に受けた役務に対してまだ払っていない場合、決算時に費用を計上し、なおかつ、未払費用も計上することです。
未払費用の勘定は未払手数料・未払家賃・未払利息などがあり、これらは負債の勘定です。

期首にはまた反対仕訳をします。(期首再振替)

例題1

例題です。
家賃 \40,000が未払のまま決算日になりました。4/10に支払う予定。

3/31 (借) 支払家賃 /(貸) 未払家賃
支払家賃は費用。今期中に払うべき費用をいったん計上しておきます。
未払家賃は負債。負債の発生です。

4/1には期首再振替。先ほどの反対仕訳になります。
(借) 未払家賃 /(貸) 支払家賃
支払家賃という費用の勘定が貸方でマイナスを意味します。
費用がマイナススタートになりますが、本来は3月中に払うべき家賃だったのを払っていないので、これでOKです。

4/10に現金で支払いました。
(借) 支払家賃 /(貸) 現金
支払ったので、ここで費用が発生。


例題2

例題2つ目は3月分と4月分の家賃をまとめて4/7に支払う場合。

3/31 (借) 支払家賃  (3月分) /(貸) 未払家賃 (3月分)
期末の処理では3月分の家賃のことだけ未払いで仕訳します。

期首再振替は反対仕訳です。
4/1 (借) 未払家賃 (3月分) /(貸) 支払家賃  (3月分)
この時点で3月分の支払家賃がマイナス残高。

4/7に3・4月分まとめて現金で払いました。
4/7 (借) 支払家賃 (3・4月分) /(貸) 現金 (3・4月分)

例題3


次の例題は日割り計算が必要な問題。
2/1に 現金\2,500,000を 利率0.73%で1年借入れた。利息は元金返済時に支払う。
1年は365日として日割り計算すること。

まず 2/1  (借) 現金 2,500,000 /(貸) 借入金 2,500,000

そして、2/1~3/31までの2か月分の利息だけは期末に未払で計上する必要があります。
2か月分の利息を計算します。
日割り計算なので、2月は28日、3月は31日とすると28+31=59です。
2,500,000×0.73×(28+31)/365=2,950

3/31  (借) 支払利息 2,950 /(貸) 未払利息 2,950

支払利息という費用の発生と未払利息という負債の発生。

期首再振替をします。
4/1  (借) 未払利息 2,950 /(貸) 支払利息 2,950
本来は前の期中に払うべきだった2・3月分の利息が費用のマイナスという形になります。

借入れてから1年たった時点で元金+利息全額払うことになっていました。
1年分の利息は 2,500,000×0.73%=18,250
元金2,500,000に利息をつけて返します。

1/31 (借) 借入金 2,500,000 & 支払利息 18,250 /(貸) 現金 2,518,250

借金返済終了!!
一連の流れに慣れればなんとか問題は解けそうだと思います。
では今日はこのへんで。

※こちらの記事は簿記に対する私個人の見解と解釈です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました