簿記検定3級   伝票② (一部現金取引)

簿記3級挑戦ばなし

前回に引き続き伝票の話です。

おさらい

おさらい。

三伝票制:名前の通り、伝票が3つに分かれている。
現金勘定が増える取引→入金伝票
  〃    減る取引→出金伝票
それ以外の取引(現金が出てこない取引)→振替伝票

ではオンライン講座見ていきます。

分解方式と集約方式

前回の講義でやった例題では、現金支払いまたは現金受取、または後日払い(未払)のどれかでした。
今回は一部だけが現金で取引された場合の伝票の書き方です。

2つの方法があるそうです。

1,分解方式→取引を単純に分解する方法

2、集約方式→いったん全額を掛などとして振替伝票に記入したあと、ただちに入金または出金があったものとみなして処理。

1は現金とそうでないものに分ける。
2はまず全額を「現金以外」のものにしてから、あとで現金の分を分ける。

ということのようです。

では例題をやっていきます。

例題

商品¥50,000を販売し、代金のうち¥20,000は現金で受取り、残額は掛けとした。

この文章を見て、「売上50,000のうち現金20,000、残り30,000は売掛」ということがわかります。

分解方式での答えは
(入金伝票) 売上 /20,000
(振替伝票) 売掛金  30,000 /売上 30,000

集約方式の答えは
(振替伝票) 売掛金 50,000 /売上 50,000
(入金伝票) 売掛金 20,000

では次の例題。

建物¥4,000,000を購入。¥1,000,000は現金で支払い、残額は後日払いとした。

解答用紙には「出金伝票」のところに「建物」と印字があり、金額を記入するだけになっています。
その下には「振替伝票」これは何も印字がないので記入が必要です。
ということは分解方式のようですね。
現金は1,000,000、残りは未払金3,000,000

(出金伝票) 建物 /1,000,000
(振替伝票) 建物 3,000,000 /未払金 3,000,000

またおさらい(重要)

あらためておさらい。
現金は入金伝票か出金伝票のどちらかに。
振替伝票に現金は出てこない。

今日の感想

これさえわかってればあとはマスに埋めるだけです。
今日は簡単でした。

いよいよ次回がオンライン講座の単元ラストです。
では今日はこのへんで。

※こちらの記事は簿記に対する私個人の見解と解釈です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました