簿記検定3級    費用の前払

簿記3級挑戦ばなし

4回シリーズの4回目。
3回やったので理解はできているつもりです。

収益⇔負債
費用⇔資産

今期のものは今期中に処理をし、翌期のものは翌期に回すというのが基本的な考え方です。
ではオンライン講座を見ていきます。

費用の前払

今日は「費用の前払」です。
先にお金は払い済。後はサービスを受けるだけ。

費用の繰延

費用を払ってしまっているけれど、本当は翌期に払うべきものなので、決算時にいったん費用から減らします。
そして、前払費用の勘定(前払手数料・前払家賃・前払利息など)を計上。→前払費用は「資産」にあたる。
翌期に入ったら、期首再振替をして反対仕訳をすれば、4/1以降の費用として計上できます。
                
これらの処理を費用の繰延と呼ぶそうです。

例題

さて、では例題です。
12/1に家賃半年分¥600,000を現金払いしている場合。
仕訳は (借) 支払家賃 600,000 /(貸)現金 600,000 です。

決算の3/31に費用の前払い分の処理をします。
12/1~3/31までは4か月。半年分を前払いしたうち、4/1からの2か月分は翌期の費用になるべきです。
ということで、支払家賃の600,000のうちの200,000を「費用」から「資産」に振り替えます。
3/31 (借) 前払家賃 200,000 /(貸) 支払家賃 200,000

そして翌期の4/1になった時、期首再振替をします。
4/1 (借) 支払家賃 200,000 /(貸) 前払家賃 200,000
これで4/1~5/31までの2か月分の支払家賃という「費用」が然るべきところに計上されました。

そのあとも2つ例題がありましたが、大体似たような問題でした。

簿記を学べば学ぶほど奥が深いなと感じる今日この頃です。

では今日はこのへんで。

※こちらの記事は簿記に対する私個人の見解と解釈です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました