簿記検定3級 ガイダンス

簿記3級挑戦ばなし

初めてのオンライン授業

とうとう日商簿記3級講座のオンライン授業を今日からスタートします。会員番号とパスワードを入力し、クレアールさんのホームぺージからログインします。画面に私の名前が出てきました。
ちゃんと登録されているのが確認できて一安心です。これでいつでも好きな時間に見ることができます。さて、57個あるうちの1個目の動画はガイダンスです。いきなり授業ではないんですね。
サンプルDVDに出てきた優しそうな先生が画面に現れました。

授業前に準備すること

授業で先生が使うスライドと同じものが「講義資料」で、ホームページからダウンロードできるとのこと。画面と同じものを見ながら書き込んでいくのがよさそうです。

電卓の説明を結構じっくりとしてくれます。
Web講座の申し込みをした時にすでに12桁の電卓も申し込み済み、とっくに手元に届いています。すでに袋も開けてかっこよく電卓のキーをたたいてみたりもしました。ゆっくり押したり早く押したり、気合を入れるために少しいいのを買ったのでちょっとした置物のようにも見えます。今まで使ったことのある電卓の中で一番かっこいいです。使わないときは飾ってもいいかもしれない。

早まってやらかしてしまったのか?

そして、先生が使っている電卓を画面に見えるようにしてキーの説明などをしていきます。そこで気が付きました。先生の電卓には√キーがついています。私のにはない。先生の説明もあまり耳に入ってきません。
どうしよう。袋も開けて叩きまくってしまったのに。返品できない。どうしよう。
ここで先生の救いの一言「√キーは2級、3級では使いません。」
あーーーーよかったーーー。焦りました。1級の人だけ使うそうです。

今までの人生、電卓は+と-と×と÷と=しか使ったことがありません。その他のМ+やМ-やGTなども使うようです。
先生も私と同じカシオ。

ガイダンスを見終わっての感想

ガイダンスで学んだこと→簿記の勉強は予習よりも復習。簿記のしくみがわかれば、練習を繰り返すうちに自然に覚えてくる。丸暗記ではない。
暗記は苦手なので少しほっとしましたが、何度も復習することが必要みたいなのでまずは一通りやってみなくては。
試験は年に3回あるので、6月にするか11月にするか迷いましたが、このペースでは6月は厳しそうです。11月にしてよかった。まだ時間はあるのでぼちぼち頑張っていきます。

もしこのブログを読んでくださった方で簿記検定受ける方がいるようでしたら一緒に頑張りましょう。
では今日はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました