簿記検定3級 簿記とは3(貸借対照表と損益計算書の関係)

簿記3級挑戦ばなし

損益計算書で流れがわかる

前回は貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)のことを勉強しましたが、今日はその関係について、だそうです。
オンライン講座見ていきます。
ある時点での財政状態を表すを表すのが貸借対照表。
期首の貸借対照表と期末の貸借対照表は当然違っています。
期首から期末に至るまで(当期)の流れ、つまり商売によってどれだけの増減があったのかを表すのが当期の損益計算書。
損益計算書を見ればどんな活動でこの結果になったのかっていうのがわかるということですね。

当期純損益の財産法

さて、当期純損益(当期純利益または当期純損失)は2つの方法で算定するそうです。ややこしー。
まずは「財産法」
財産法での当期純利益は期末の純資産から期首の純資産を引いたもの。
単純にどれだけ純資産が増えたか?ということかな。
資産と言うのは現金だけでなく、不動産や備品も入るとこないだ習いました。
資産-負債=純資産。
人に例えると、「わしはこれだけの財産を持っているぞ」という場合、資産はお金だけでなく土地、建物その他諸々含まれ、借金(負債)があれば、当然それもひっくるめて考えなければいけない。という風に考えると、差し引きしたものが財産で、純資産にあたる。合ってるかな?不安です。
財産法はお金持ちのおじいさん社長のイメージです。
ここで、ややこしいのが財産法では株主からの出資や配当などが入らないということ。お金の出入りがあるのになぜ財産法では計算に入れないのか?よくわかりません。もっと勉強していけば納得できるのでしょうか。
試験に出てひっかけ問題だったらひっかかってしまいそうな予感。

当期純損益の損益法

2個目は「損益法」
損益法での当期純利益は収益-費用
収益:売上のみならず家賃収入、サービス提供による手数料などとにかくお金が増える取引全部
費用:仕入れに使ったお金、人件費、光熱費などなど
増えたものから減ったものを差し引く。こっちの方が本当の利益の意味合いに近いかも。名称も「損益法」ですもんね。
なんで2種類あるのだろう。比べて何かに使うのかしら。

やる気という収益が発生

ここまで来て癒し系の先生がおっしゃいました。
今までは抽象的表現ばかりで後からは忘れてしまいがち。でもとても重要なのでしっかり見直してほしいと。本当にそう。さすが先生、学ぶ側に寄り添ってくれている。わかっている人は「そんなこと」って思うことでも初めて聞く人にはついていくのに必死です。
話を聞いてると理解はできるけど、覚えられるかどうかは別問題です。
オンライン授業視聴後にこのブログを書くことによって自分でも整理ができ、勉強してる感アップです。

知らない間に予習済

さてさて、ようやく例題に入っていくとのこと。「テキストブック〇ページを開いてください」
あらあら?なんと、こないだの単元見終わった後に自力でやってしまったところでした。先走りすぎました。
自分で解説見ながら四苦八苦したけど、ちゃんと先生が教えてくれるようです。
でもこないだやった例題なので予習済み。よりよく理解できました。

資産と純資産

しかし、資産と純資産という名前が似てるのがまだややこしいです。
資産-負債=純資産
純がつくと借金にまみれていない純粋、ピュアな状態と覚えることにします。資産は現金、車、土地いろいろ含んでる。
現金使って車を買っても資産の価値は変わらない。だって車にはその金額の価値があるから。車も資産の一部だから。

貸借対照表の借方と貸方

ここで補足。
貸借対照表の借方(左側)は資産→内訳をみると資産の「運用形態」がわかる。
貸方(右側)は負債と純資産→資金の「調達源泉」がわかる。(借金で調達。株主出資など)

今日ももりだくさんでした。次回からは具体的な帳簿の記入です。
やり切りました。気分爽快です。では今日はこのへんで。

※こちらの記事は簿記に対する私個人の見解と解釈です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました