朝ドラの続きが気になって仕方がない

いろいろばなし

NHKの朝ドラは今までの人生で縁がありませんでした。というと大げさですが、通学や通勤をしていると朝は忙しいし、録画してまで見ようと思わなかっただけです。

今回の朝ドラのカムカムエブリィバディは100年間の話でヒロインが3世代にわたり、3人が入れ替わると聞き、なんだかおもしろそうかなと軽い気持ちで見始めました。
BSも合わせると1日4回見るチャンスはあるものの、やっぱり決まった時間に見れるかどうかわからないので毎日録画機能で録画しています。
そしてドはまりしています。こんなに楽しく見れるなら、今までのも見るべきだった。

物語は1925年から始まります。
そして戦時中に突入します。

昔、一緒に暮らしていたおじいちゃんが戦争の話をするたびに「また始まった」といつもちゃんと聞いていませんでした。
戦争というものがあまりにも自分と遠くの存在で、自分には全く関係がないと思っていました。
今でも関係ないことだとは思っています。現実感がありません。

でも、この年になって思うことは、戦争をするメリットとデメリット。どう考えてもデメリットの方が大きいと思えて仕方がない。

        何かしらの得すること < 多くの人が受ける深い傷と悲しみ

この「<」は「≦」ではなく、右側が大きく開いている「<」です。

地球が何十回か何百回か壊れるくらいの核兵器が存在するらしいけど、私の想像では、実はそれはウソで、国の偉いさんたちが「うちは10個持ってることにしときます」「うちは5個持ってるテイでいきますわ」と、持ってるフリだけして、仲が悪いように見せかけてるだけなんじゃないかと思います。

そうであってほしい。早く全ての戦争が地球上からなくなってほしいと願うばかりです。

話がそれすぎました。
毎日15分間の楽しみ。朝ドラの魅力に初めて気づいたという話でした。

では今日はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました