夫の夢の話   真夜中の侵入者

夫ばなし

以前にもブログに書いたように夫はよく変な夢を見ます。
夢って大体つじつまが合わないのが多いけど、それにしてもなんでそんな夢見るのかなあと不思議になる内容ばかりです。

こないだ、また夜中に叫び声で目が覚めました。「またか」とこちらも少々慣れてきています。
最近は自分の驚きよりも近所迷惑の方が気になるようになってきました。通報とかされたらどうしよう。

とにかく、その日も「あああああーー」の後に2人とも起きて、私が「また夢?」と言いました。
すると、夫が小声で「誰かが家の中に入ってきてる」と言うのです。寝ぼけてるなと思い、
「違うよ。今まで寝てたやん。叫んで起きたやん」と否定しましたが、
「相手を威嚇するために大声を出した」とまた小声で言うのです。「今、叫んだからそれで逃げたかもしれないけど、もしかしたらまだ家の中にいるかもしれない。見に行く。」
90%は「違う違う。夢に決まってる」と思いつつ、こちらも夜中に起こされボーっとしています。
残り10%→もし本当に家の中に人がいたら恐怖。

寝ている時にもし地震が起きて脱出することになったり、停電になった時のためにいつも頭の近くに登山用のヘッドライト(?)を置いてあります。
そして夫が「部屋の電気をつけると相手に気づかれる」と小声で言うもんで、2人ともそれを頭に装着し、懐中電灯をオンにしました。
そして、夫はなぜか寝る前に使っていたタブレットを手に持ちます。
私も小声になり、「なんでタブレット持ってる?」
夫「殴りかかってくるかもしれないから、念のために」武器に使うようです。

夫はiPadともう1台タブレットを持っており、非常事態にも関わらず武器として使うのは安い方にしようととっさに考えたそうで、iPadではない方を持ち、寝室のドアをそっと開けました。
真っ暗な中、頭につけたライトの明かりだけで進んでいきます。2人で縦1列になり、私は夫の陰に隠れながら近いところから部屋を開けてこわごわチェックしていきます。
カーテンの陰に隠れていたらどうしよう。ベランダにいるかも。
全ての部屋を見終わり、「やっぱり夢か」

なんやそれはーー!
もう1度言う。なんやーーそれはーー!

真夜中、頭に懐中電灯をつけたまま交代でトイレに行ってまた寝たという話です。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました