いろいろばなし

寝ている時に見る夢の話です。
私はたぶん毎日夢を見ています。
珍しいストーリーだとか、久しぶりに思い出す人が出てきたりするとしばらく覚えていますが、それ以外は、起きた時にはぼんやりと覚えていて、顔を洗ったり何かしていると忘れていってしまいます。

で、最近気づいたのですが、どうも3つのパターンがあるようです。これは夢の内容とは関係なく、夢の見え方が3種類ということです。

一つ目は映画型。
スクリーンに映った映画を見るような感じです。
物語は流れていきますが、自分はそこには参加せず、傍観者というか、起こっている出来事を別のところから見ているような感覚です。そこに出演している自分の姿を見ることもあるように思います。

二つ目は肉眼型。
まさに現実に近い感覚。自分の目を通して見ている風景で、話は進んでいきます。
自分もそこに入り込んでいるので臨場感があります。
性格が暗いのでネガティブな夢をよく見ます。
例えば、車で事故を起こしたり、空を飛ぶ、というより人の頭の高さくらいを低空飛行する夢を見るのですが、その時はまさにこの肉眼型だと思います。
追いかけられることもしばしばあります。とても怖いです。

三つ目は参加型。二つ目が進化したような感じですが、物語が進んでいく過程で、自分の心の中でものすごくいろんなことを考えています。考えて決断したらそちらの方向に話が進んでいきます。
ずーっと映像は流れていて、自分も参加していて、誰かと話をしたり、自分だけで考えたり。
ロールプレイングゲームに参加しているような感じというのが一番近いかもしれません。
自分でストーリーを作っていくのです。
話の内容が現実離れしているときは起きた時に夢だとはっきりわかりますが、普通の日常に近い内容だと、現実のことだったのかと錯覚してしまいます。
たまに映像無しのこともあって、これはずーっと何かを考えているので物思いにふけっている状態とそっくりです。

そして、この3つ目のパターンの夢を見てから起きた時はとても疲れています。
一睡もしてなかったのかと思ってしまうくらいです。(内容が現実ぽいときは特に)

映画型と肉眼型が場面によって切り替わったり、3つとも混ざってたりすることもあるように思います。

という風に、いろんな夢を見ますが、だいたいはオチもなく、つじつまも合わず、夢って不思議だなあと思います。
もっと他の人に話せるような面白い夢とか楽しい夢とかを見たいもんです。

では今日はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました