簿記検定3級 商品売買3 (商品有高帳)

簿記3級挑戦ばなし

簿記検定3級のオンライン講座たくさん見たような気になっていましたが、まだ3分の1にも達していないと気づき、先は長いなと覚悟しました。
講座を見終わってすぐに問題集をしても結構覚えてなかったりして、大人になってから勉強するのは時間がかかるもんだと痛感しています。
高校生くらいに簿記の勉強をやっていればすんなり覚えられたんだと思いますが、過去には戻れないので未来に向かって進んでいきます。
では今日もクレアール日商簿記3級のオンライン講座視聴始めます。

商品有高帳

前々回の分記法と三分法の単元の時にもちらっと説明で出てきた「売上原価」と「売上総利益」という言葉が再登場しました。
おさらいですが、売上原価は販売した商品の原価。売上総利益は売上高-売上原価。つまり「粗利」、もうけのことですね。

今日勉強するのは、商品有高帳です。これまで何度か出てきた補助簿のうちの一つですが、補助簿の中でもとっても重要なもので、テストにも出る可能性結構アリだそうです。今までの補助簿はさらっと見てわかるようにしといてね。というニュアンスでしたが、今回はそうではなさそうです。

商品有高帳」というのは、商品の種類ごとに、受入・払出・残高を「原価」で記録する帳簿
売価は関係なく「原価」というのが大きなポイントのようです。さきほど売上原価という言葉を聞いたばかりです。原価原価。
帳簿の記入法には①先入先出法②移動平均法の2つがあるとのこと。それぞれ例題を解きながら見ていきます。

先入先出法

①先入先出法

Aという商品についての帳簿です。
まず1行目には前月繰越のことを書くそうです。繰り越された数量と単価と金額を受入高のところに記入。そのままスライドして同じ内容を残高の部分にも記入。
繰り越し分の残高がある状態からスタートです。
2行目以降は仕入れと売り上げがあるたびに記入していきます。ただ、ここでいくら同じ商品でも仕入単価がその都度変わる可能性があります。そして、この帳簿では原価で記録しますので、売上の記録をする時にも、売ったときの値段ではなく、原価を記入します。原価原価。
さて、先入先出法では、先に仕入たものから先に出ていくと仮定します。
前月繰越が20個(単価7000円)あって、そのあと30個(単価7200円)仕入れて、40個売れたとします。
前月繰越分のが先に出ていって、後で仕入れた分の30個のうち10個はまだ在庫で残ると考えます。
帳簿の払出高のところには20個×単価7000円プラス20個×単価7200円で計40個になります。
2つの単価があるので、帳簿には2行に別れて記録します。
こんな感じで最終的に次月繰越の残高の分は、払出高のところへ記入し、その月の受入高と払出高のそれぞれの合計はぴったり合います。
そしてそして、この月の売上原価は商品有高帳の払出の部分の金額を合計すると出てきます。初めから原価で記入しているので売れたところの原価金額を足すだけです。
それと、実際に売り上げた金額は売上高。
で、売上総利益=売上高-売上原価で、利益の計算ができます。

移動平均法

②移動平均法
単価が違うものを仕入れるたびに、在庫の平均単価を計算して、全ての在庫がその平均単価であるとみなす方法。
先ほどと同じく20個(単価7000円)の前月繰越分に追加で30個(単価7200円)を仕入れたら在庫は50個になります。
その時の払出の部分は先ほどのように2行ではなく1行になります。まず、在庫の総数50とを記入し、残高のところは20×7000と30×7200を足して35600と記入します。そして、35600÷50=7120が1個あたりの単価となるので最後に単価のところに7120を記入。

平均単価は=(受入直前の残高+受入金額)÷(受入直前の数量+受入数量)

商品を仕入れたらその都度、この計算で平均単価を計算して帳簿の単価のところに記入します。
そして、①と同じくこの表の中の売上の金額の合計で売上原価を計算し、売上高から引けば売上総利益を出すことができます。

今日の感想

あーもう、なんで2種類あるんでしょう。1個に決めてくれたらいいのにー。ややこしややこし。
ということで、今日は大事な補助簿である商品有高帳を学びました。
ではでは今日はこのへんで。

※こちらの記事は簿記に対する私個人の見解と解釈です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました