簿記検定3級 商品売買1 (分記法と三分法、返品)

簿記3級挑戦ばなし

今日から新しく「商品売買」に入っていきます。講義資料ちらっと見たところ知らない言葉がたくさん出てきそうです。
では今日もオンライン講座を見ていきます。
あっ。先生のネクタイが変わっています。前回までとは別日撮影のようです。

売価と原価  価格と価額  売上原価と売上総利益

まず商品売買に関する基本用語の説明です。
売価原価
「原価いくら?」というのはよく聞く言葉です。売価はあまり聞き慣れませんが、予想通り原価は仕入れた金額売価は売った金額のことです。
次に価格価額価格は1個当たりの単価。これはわかります。
価額とはなんでしょう。価格×数量。だそうです。たくさん売れたら価額も多くなるわけですね。売り上げた金額が価額ということかな。
次に売上原価販売した商品の原価。これも名前の通りかな。
次、売上総利益。いわゆる「粗利」のこと。売上高から売上原価を引いたものが売上総利益になる。もうけのことですね。ここまではなんとかクリアです。

分記法と三分法

さて、今日のテーマである分記法と三分法に入っていきます。
まず、分記法では勘定科目として「商品」と「商品売買益」というのが出てくるそうです。
「商品」という資産が増え、「商品売買益」という収益が発生したという考え方です。
例題では仕入れた時に借方に商品(資産が増えた)、売れたら貸方に商品(資産が減った)、貸方に商品売買益(収益の発生)になっていました。

次に三分法
三つに分けるというだけあって、3つの勘定科目がポイントのようです。
「仕入」「売上」「繰越商品」です。
「仕入」という費用が発生し、「売上」という収益が増えて、決算整理の時に未販売の商品が残っている場合に「繰越商品」を資産として仕訳に入れる。
試験ではほぼこの三分法が出てくるとのことです。
例題で、期末の仕訳にこの「繰越商品」が借方に登場するところまではなんとなくスムーズに理解できたのですが、貸方に「仕入」が来るというのがちょっとおどろいたというか、「そうなるのか」と少し引っかかりました。いったん仕入れたけど未販売分になってしまった商品の分の金額を「仕入」という費用の減少ととらえるようです。

分記法も三分法も純資産と純利益の金額は同じですが、書き方に違いがあるということだそうです。

返品

では返品に入っていきます。
また新しい言葉です。
仕入返品:いったん仕入れたものを返品する
売上返品:いったん売ったものが返品される

言葉通りそのままですね。
そして、
総仕入高(仕入に要した金額)-仕入返品高(返品した金額)=純仕入高(これが本当に仕入れに使った金額)
総売上高(売上げた金額)-売上返品高(返品された金額)=純売上高(本当に売上げた金額)
名前は今のところ覚えにくいけど、意味としてはわかりやすいのでまあよしとしましょう。

返品の例題

返品の例題は返品された側と返品した側の両方の仕訳でした。
返品された会社側の仕訳では返品された場合、借方に「売上」(収益の取り消し)、貸方に「売掛金」(資産の減少)。
返品した会社側の仕訳では借方に「買掛金」(負債の減少)、貸方に「仕入」(費用の減少)。
うーーん。答えを見たら納得できるけど、自分で書けと言われると今の時点では無理そうです。
最終的に問題集2回くらいしたらいいかと思ったけど、もっとやった方がいいような気がしてきました。
少し焦っています。とりあえず今日はこのへんで。

※こちらの記事は簿記に対する私個人の見解と解釈です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました