こどもしんぶん

いろいろばなし

こどもしんぶんやっときました

こども新聞のことは前から知っていました。こないだネットニュースだったか何だったか忘れましたがこども新聞の話題が出てきて、調べてみたらお試し版を1回無料で試せるということなので早速ネット申し込みしました。いつ来るのか楽しみにしていました。やっと届きました。プレゼントのようでうれしかったです。

記事の内容

最初の記事

まず第一面はプログラミングについての記事でした。小学生の間でプログラミング教室がはやっているとは聞いていましたが、記事によると小学校の授業でも導入されているようです。今後、デジタル庁もでき、ますます必要になってくるし、日本にはプログラマーの人数が少なく増やしていきたいんだそうです。子供がそんな難しそうなことを学んでいるということに驚きます。が、小さいうちから始めた方が早く覚えられるのでしょうね。納得です。

世界情勢と電子マネー

その他にはイスラエルとパレスチナの対立について。こういう(私にとっては)難しい話を優しく解説してくれるのはありがたいです。記事の内容は少しですが、なんとなくわかりました。

電子マネーのご当地バージョンの電子地域通貨というものがあるというのも初めて知りました。その地域でだけ使えるそうです。こないだのGOTOトラベルの電子クーポンに似てますね。自治体によっては公共料金の支払いもそれでできるそうです。電子通貨のネーミングもそれぞれ特徴があって面白かったです。

お茶について

そして私が個人的に楽しかったのはお茶についての記事でした。今がちょうど茶摘みの季節のようです。お茶の成分やそれぞれの効果の話は勉強になりました。お茶がツバキ科の植物というのも知らなかったです。そういえば葉っぱが似てるかも。そして、緑茶、ほうじ茶、ウーロン茶、紅茶は全て同じものから作られているけど加工法が違うだけというのもなんとなく知っていたけど、今回改めてよくわかりました。

その他の記事

まじめな記事だけではありません。スポーツや、初夏のファッションのトレンドや、漫画、占い、クイズなどもありもりだくさんです。英語のクイズの答えはQRコードから見ることになっており、アクセスしてみると動画で、答えを聞くことができ、発音も聞けるので、一石二鳥です。動画で見る価値あるなあと感心しました。

記事の中に出てくる難しい単語や重要な単語については記事とは別のところに大きく説明文が書かれており、なんと切り取ってノートに貼れるように切り取り線がついています。ノートを作っておけば見返すこともできて勉強になります。

あと、本屋さんおすすめの本100冊というのもあり、小学校の低学年、中学年、高学年におすすめの本のタイトルが紹介されていました。タイトルだけ見ていてもどれも面白そうです。

読み終えての感想

全部に目を通してみて感じたのは、私には大人用よりこども用の新聞の方が合ってるようです。新聞の大きさも大人用のより一回りか二回り小さめですし、漢字にはふりがなもついていて、難しい単語もなくて読みやすかったです。新聞をパラパラと次のページに大きくめくるたびに知識がすんなりと頭に入ってくるようで賢くなった気がしました。興味のある方は試してみてください。

では今回はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました